ブレーキキャリパーのメンテナンス:重要である理由

効果的に作動するためには、ブレーキのコンポーネントが互いに接触して摩擦を発生させる必要があります。ただし、車両を減速させる必要がない場合には、ブレーキディスクとパッドが十分に引き戻されることが不可欠です。そうでない場合、これらが長時間接触することになり、動きが妨げられたり、さらには、摩擦によって発生する過剰な熱でコンポーネントが損傷したりします。 

このようにブレーキディスクとブレーキパッドが軽く接触したままになっていると、長期的には、コンポーネントの不規則な摩耗、ブレーキシステムの過熱騒音と振動の発生につながります。

ブレーキシステムが正しく安全に作動するためには、コンポーネントが自由に動くことが必要です。コンポーネントは金属製であり、これには機械的強度と耐熱性の利点がありますが、ほとんどの金属は時間とともに腐食および劣化する傾向があるという欠点があります。

キャリパーのガイドは、金属とその周囲との間で起こる電気化学反応のため、最も腐食しやすいコンポーネントの1つです。
車両のブレーキシステムは常に応力を受け、汚染、水、塩分、泥などの要因にさらされており、これらすべてが腐食を早めます。強力な高圧洗浄も有害になり、不愉快な結果を招く可能性があります。たとえば、高圧水ジェットによってキャリパーから密閉シールが吹き飛ばされ、摺動面の間に水が浸入します。さらに、アルカリ性洗浄剤は腐食や酸化を引き起こし、不快なキーンという音の発生原因になる可能性があります。その場合、キャリパーの接触点を分解してオーバーホールし、専用の潤滑剤で処理する必要があります。
 

どの潤滑剤を使用するべきか

 
ブレーキシステムが正しく機能するためには、適切な潤滑剤を選択することが非常に重要です。不適切な潤滑剤を使用すると、望んだ効果とは逆の効果となる可能性があります。つまり、油まみれのガイドがキャリパー内で酸性になり、ブラケットの可動性が失われ、結果としてブレーキが過熱します。
 
ブレーキシステム潤滑用の市販製品はいくつかあります。銅ベースの潤滑剤が一般的ですが、ガルバニック酸化を避けるには、銅フリーの潤滑剤を使用することをお勧めします。

また、使用すべき潤滑剤のタイプは、処理を必要とする接触面によって異なります。サポートとキャリパーの静止点など、露出した接触点に使用される潤滑剤は、制動によって発生する高温に対処できるだけでなく、腐食に対する保護効果を保つために水による「洗い落とし」に耐える必要があります。

Brembo B-QUIET はそのための最適なソリューションです。金属はまったく配合されていないため、ガルバニック腐食の可能性は完全に排除されます。Bremboの潤滑剤は耐洗浄性が非常に高く、融点が高いため、塗布された面を絶えず保護します。ブレーキパッドの金属部分とキャリパーの金属部分の間の静止点に塗布することをお勧めします。塗布する際に、ブレーキパッドとディスクの摩擦面を汚さないように注意してください。汚れるとブレーキ性能が損なわれる可能性があります。
フローティングキャリパーの摺動ガイドおよび関連するピンには、別のタイプの潤滑剤が必要です。ブレーキキャリパーのゴム部品(密閉シール、ダストカバー、キャップ、摺動ピンのゴムブーツ)の製造には、DOTブレーキフルードに適合する材料であるEPDMが使用されています。
鉱物油、使用の許可されない潤滑剤や洗浄剤など、不適合製品を使用すると、EPDMが損傷する可能性があります。ゴム部品は潤滑剤を吸収して時間とともに膨張し、その密閉能力を失います。これによってブレーキキャリパーが重大な損傷を受ける可能性があり、その結果、ブレーキディスクとパッド、ブレーキ性能と快適性、コンポーネントの耐久性も損なわれます。
そのため、キャリパーのメンテナンス作業を行う際には、適切な潤滑剤を慎重に選択し、特定の箇所に注意して塗布することが推奨されます。また、潤滑およびコンポーネントの点検に関連するすべての作業を正しく行うことも推奨されます。
 
技術スタッフがBrembo B-QUIETを使用してブレーキキャリパーをメンテナンス
 

ブレーキキャリパーのメンテナンスを正しく行うには

 
専門技術者によって実施されるキャリパーの適切なメンテナンスには、コンポーネントの性能を完全に保つための一連の作業が伴います。
  • スプリングとキャリパーブラケットの点検と清掃を行います。パッドの座を念入りに清掃します。
  • ブレーキパッドとキャリパーの間の接触点を専用の潤滑剤で潤滑します。
  • キャリパーのピストン、シール、カバー、摺動部品を点検し、損傷や腐食がないこと、摺動が滑らかであることを確認します。漏れの点検も推奨されます。
  • キャリパーの摺動ピンを清掃し、専用の潤滑剤で潤滑します。
  • コンポーネントごとに適切なグリースを使用します。
  • コンポーネントに損傷、腐食、曲がりなどが見られる場合は、新しい高品質のコンポーネントに交換します(Bremboブレーキキャリパー用修理キットの詳細をご覧ください)。

他にご質問がありますか?

Bremboの技術サポートチームにお問い合わせください。当社の技術スタッフよりできるだけ早くご連絡いたします!
インデックスに戻る
取り付けとメンテナンス
次の記事を読む
締め付けトルク