取り付けとメンテナンス

組み付け指示
ブレーキパッドとディスクの交換 
ブレーキシステムのあらゆるコンポーネントのうち、最も摩耗しやすいのがブレーキディスクとパッドです。そのため、最適な状態を維持するうえで、これらについては定期的なチェックが必要になります。ブレーキシステムの機能に問題を生じさせないようにするため、ブレーキディスクとパッドについてはそれぞれの摩耗限界に達した時点で交換をすることが重要です。ブレーキディスクは、ディスク本体に最小厚さ(Min TH)が表示されています。ブレーキパッドについては、交換が必要になるとウェアインジケーターが作動して警告灯が点灯するか警告音が発せられます。
ただし、Bremboは15,000kmごとに、あるいは異常な振動や音が発生した時点でブレーキシステム全体を点検するよう強くお勧めします。
一般的な規則
  • ブレーキコンポーネント交換の有資格者のためのものです。
  • アッセンブリーシートの指示に注意して従ってください。
  • ブレーキパッドとディスクが車両に対応したものであることを常に確認してください。
  • ブレーキディスクを交換する際は必ずブレーキパッドも交換してください。
  • 同一アクスルのディスクとパッドは一緒に交換してください。
  • 短い走行テストを実施してブレーキが正常に動作することを確認してください。
  • ブレーキパッドとディスクのアラインメントを正しくするため、急ブレーキや持続的なブレーキングを避けて約200kmの慣らし走行を行ってください。
ブレーキコンポーネントの交換に関する詳しい説明。
このビデオでは、コンポーネント全体の交換手順について詳しく説明します。
 
 
他にご質問がありますか?
Bremboの技術サポートチームにお問い合わせください。当社の技術スタッフよりできるだけ早くご連絡いたします!
インデックスに戻る
取り付けとメンテナンス
次の記事を読む
アセンブリ図
Brembo Parts close
ニュースレターを申し込む
新製品に関する最新情報、サポートコンテンツ、Brembo関するあらゆるニュースをお届けします。
今すぐ申し込む!