Logo Brembo Upgrade

ブレーキキャリパー

軽さとデザイン

Cluster Road

美しさと毎日の運転の楽しさを兼ね備えて

ロードバイクのブレーキキャリパーは、形状やサイズにほとんど差がなく、何十年も同じものが使われてきました。Bremboは、レースで培ったノウハウにより、現状を打破するために介入しました。キャリパーはどんどん小型化されますが、特徴的な機能を持ち、優れたパフォーマンスを保証しています。BremboのUPGRADEキャリパーは他のブランドのキャリパーと混同することはありません。また、特徴は大きく書かれたロゴだけではありません。そのデザインは、美的感覚を満足させるだけでなく、日常の運転の楽しさを向上させることも目的としています。形と実体は両立させることができるのです。
ブレーキキャリパーの重要な要素は、常に軽さ剛性です。なぜなら、制動だけでなく、方向転換や加速度にも影響を与えるのはバネ下重量だからです。これらのファクターを最適な形で組み合わせることは決して容易ではありませんが、Bremboはそれを成功させ、さらに先へと進んでいきます。
Stylemaキャリパー
Stylemaキャリパー
Stylemaキャリパーは、同じ剛性を備えた以前のモデルよりもキャリパーボディが9%軽量であることに加えて、新素材のパッドにより平均摩擦係数が11%向上するなど、長期にわたって比類ない安定した性能を確保しています。
中央ブリッジの革新的な開口部に見られるように、形状の研究を通じて、ブレーキフルードの温度を最大10%低下させ、その効果を時間の経過とともに変化せず、長く持続させることができます。機能性を確保するだけでなく、Stylemaのスタイリッシュな特徴は、スーパースポーツバイクのラインにマッチします。

選択肢
性能と安全性の向上は、UPGRADEの4ピストンフロントモノブロックBremboアルミキャリパーでも保証されています。ブレンボ創立50周年を機に誕生した30mmピストンのM-50は、34mmピストンを採用したため重量が少し増えたM-4と同様、重量・剛性ともに今日でもカテゴリートップレベルであることに変わりはありません。
GPキャリパー
GPキャリパー
GPパワーとパフォーマンスの安定性
また、ロードバイクに乗りながらもMotoGPを夢見る人には、GP4-MSキャリパーを見逃すことはできないでしょう。これは最高峰クラスで開発されたキャリパーにインスパイアされ、世界最高峰の大会で使用されているキャリパーの性能に迫るロード用キャリパーの常識を覆すキャリパーです。

GP4-MS
MotoGPで使用されているBremboキャリパーと同様に、GP4-MSはトポロジー最適化ツールを使用して設計され、ビレットアルミ製モノブロックから製造されています。鋳造に比較すると高温への耐性が高く、その結果、性能が向上しています。

レーシングキャリパーと同様に、GP4-MSはニッケル表面処理を施し、一方はピストンの内部に、もう一方はダストシールとして使用されるダブルガスケットを使用することで、サーキット用キャリパーの特徴である定期的なオーバーホールの必要性を排除しています。​
GP4-RS
GP4-RS
標準システムを大幅にアップグレードするために、非常に複雑な鋳造技術で作られ、ピストンの周りにフィンを装備したモノブロックであるGP4-RSも用意されています。一方、GP4-RBとGP4-RXのラジアルキャリパーは、それぞれ4ピストンで、オールアルミ合金製の2ピースボディです。一方、リアには、2ピースビレットで34mmピストンを2個搭載したGP2-CRとGP2-SSを推奨しています。
どちらも軽量化と高剛性の両立を実現しています。
アキシャルキャリパー:古臭いのではなく、伝統です
アキシャルキャリパーにこだわる方にも、ご満足いただけるのがP4-40Cキャリパーではないでしょうか。直径30mmと34mmの異なる4つのピストン、ブラックアルマイト仕上げ、レッドロゴ、40mmのホイールベースが特徴のクラシックなキャリパーです。
P4-40Cの代替品として、焼結パッドと同じピストン数、同じサイズのP4-40Rがあります。一方、リアは、34mm径のピストンヘッドを2個搭載し、ホイールベース84mmのアルミ鋳造製P2-RS84とP2-CB84が用意されています。