ブレーキシステムの性能を大きく左右するブレーキフルード

ベーパーロックを防ぐ

長所:低粘度、高沸点

ブレーキディスク、キャリパー、パッド、ブレーキマスターシリンダーが、ブレーキシステムを構成する4つの主な部品です。しかし、こういった部品もシステム全体の働きに大きく関与するブレーキフルードがなければ、本来の役割を果たすことができません。このブレーキフルードにはあまり注意が向けられないため、一般的にはメーカーが推奨する交換時期に全量交換ではなく、手軽に継ぎ足しが行われたりしています。
ベーパーロックの発生
このような習慣は、ベーパーロック現象の発生につながります。ベーパーロック現象とは、ブレーキフルードの沸騰によって気泡が発生し、ブレーキペダルを踏んでもその気泡が踏力を吸収してしまい(スポンジを踏んでいるような感じ)、ブレーキが効かなくなってしまうという現象です。これはブレーキ回路を構成するチューブの空気孔によって、時間の経過とともにフルードの水分含有量が多くなり、沸点が大幅に低下してしまうことに起因します。その結果ブレーキ効率が低下してしまいます
Bremboプレミアムブレーキフルード
Bremboプレミアムブレーキフルードは標準仕様のものよりも沸点が高いため、ベーパーロックに対する耐性に優れているのはもちろんのこと、低温でも確実なブレーキングを発揮します。さらに、高い耐腐食性と耐酸化性を誇るBremboブレーキフルードは、使用中の化学的変化を長期的に防ぐことができます。つまり、本来の性能が長きにわたって保たれるのです。
Liquido freni dot 4: contenere il vapour lock
数々のソリューションを採用した充実の製品ラインアップ
Bremboプレミアムブレーキフルードの製品レンジは多数のソリューションを採用しているため、どんな車両のニーズでも満たすことができます。
DOT 4
沸点が非常に高く、粘度も低いフルードであり、規制基準を十分にクリアしています。ABS搭載車両にも適しています。
DOT 4低粘性
非常に低い粘度が特徴的で、ABS、ESP、ASR、TCS、EBDといった電子制御式のブレーキシステムやスタビリティーシステムを備える最新世代の車両にお勧めです。
DOT 5.1
優れた高温耐性と粘度特性を備えた製品で、ABS搭載車を含めた高性能車にお勧めです。
LHM PSA
ミネラルベースの油圧フルードであり、ブレーキ回路、サスペンション、ステアリングシステムが統合されていて、PSA B71 2710 仕様に適合した製品を使用しなければならない車両が対象です。
基準値を上回る性能。
Bremboプレミアムブレーキフルードの製品ラインは、ブレーキフルードのクラスである4、5.1、6のいずれにおいてもそれぞれ基準を 十分にクリアしているため、いつでも安全なブレーキングを保証します。
  パラメーター Brembo ベース要件
DOT 4 class 4
Safety Data Sheet
ParametersERBP ウェットERBP 粘度 (-40°C) Brembo≥ 245°C ≥ 157°C 1500 cSt max Base requirements≥ 230°C ≥ 155°C ≤ 1800 cSt
DOT 4 LV class 6
Safety Data Sheet
ParametersERBP ウェットERBP 粘度 (-40°C) Brembo≥ 260°C ≥ 170°C 750 cSt max Base requirements≥ 250°C ≥ 165°C ≤ 750 cSt
DOT 5.1 class  5.1
Safety Data Sheet
ParametersERBP ウェットERBP 粘度 (-40°C) Brembo≥ 260°C ≥ 180°C 900 cSt max Base requirements≥ 260°C ≥ 180°C ≤ 900 cSt
Brembo Parts close
ニュースレターを申し込む
新製品に関する最新情報、サポートコンテンツ、Brembo関するあらゆるニュースをお届けします。
今すぐ申し込む!