ツーピースブレーキディスク

プレミアムカー専用シリーズ

専用の技術的アプローチと特別なソリューションで作成されたコンポーネント。

ツーピースブレーキディスクの範囲には、フローティングディスク、コンポジットディスク、コーキャストディスク、軽量ディスク、デュアルキャストディスクが含まれます。

これらの技術ソリューションにより、Bremboは極限状態でも優れたパフォーマンスレベル、耐摩耗性抵抗ディスク、運転時の最高の快適性、そしてブレーキシステムの軽量化を保証します。これらは、いくつかの最大手自動車メーカーのプレミアムモデルをカバーしています。

重量の重要性

鋳鉄製の代わりにアルミニウム製またはスチール製のハブを使用すると、ブレーキディスクの重量を約15%~30%削減することができます。
車両重量と比較すると、この減少はわずかに思えるでしょう。しかし、ディスクは車両のばね下重量の一部であるため、この重量削減は燃料消費量、性能、および車の挙動に非常に重要な影響を及ぼします。
 
近年、車両重量とばね下重量の削減は、燃料消費量と排出レベルの大幅な削減の必要性に取り組む自動車メーカーの主要な目的の1つです。
Dischi flottanti e composti

フローティングディスク  

フローティングディスクシリーズは、BremboのOE生産から直接派生した26の部品番号で構成されています。このシリーズは最上級で最高のパフォーマンスを発揮するアプリケーションをカバーしており、優れたパフォーマンスレベルを提供するブレーキシステムを必要とし、それは、スポーツ競技会におけるBremboの経験によってのみ保証されます。

フローティングディスクは、バネ下重量を大幅に削減するアルミニウムハブを備えており、快適性、運転時のハンドリング、燃料消費量と排出レベルにプラスの効果をもたらします。システム性能は、ディスクハブが固定ブッシュで特殊な鋳鉄製ブレーキ面に接合されているということも利点になっています。その結果、熱応力を受ける2つのコンポーネントは弾性的に膨張し、ディスクの変形や、過熱による亀裂の発生を防ぎます。
Dischi composti
コンポジットディスク
BMWのコンポジットディスクシリーズは、オリジナル機器のブレーキディスクと完全に互換性があり、スチールピンで特殊な鋳鉄製ブレーキ面に接続されたアルミニウムハブを備えています。
この技術的ソリューションは、最新の最高性能のBMW車両シリーズで使用されており、現在50を超える異なる部品番号で構成されています。
Dischi Co-cast
コーキャストブレーキディスク
コーキャストブレーキディスクは、Bremboがすでに相手先ブランド供給(OEM)である最新のプレミアムメルセデス車両で使用されており、高炭素鋳鉄ブレーキ面とコーキャストされたスチールハブで構成されています。

このテクノロジーは、ブレーキシステムの優れた性能を保証するだけでなく、ディスク自体の重量を最大15%削減することを可能にし、その結果、燃料消費量と排出レベルを削減し、運転時のハンドリングを改善します。

Bremboのコーキャストブレーキディスクは、オリジナル機器のブレーキディスクと完全に互換性があるだけでなく、最も厳格なベンチテストにも合格しており、ECE-R90規格の認証を受けています。
Dischi Dual cast
 
 
デュアルキャストブレーキディスク
デュアルキャストブレーキディスクは、スペアパーツ市場向けのBremboによるもうひとつの独自のソリューションで、アウディ、アルファロメオ、アストンマーティン、マセラティ、メルセデスAMGシリーズのスポーツモデルで利用できます。 
このタイプのディスクの重要な特徴の1つは、鋳鉄製のブレーキ面とアルミニウム製ハブです。これらは、高温での鋳鉄製の動作の利点と軽量なアルミニウムを組み合わせたものです。
 
ブレーキディスクは、同サイズの一体型ディスクと比較して、最大30%の軽量化を実現し、燃料消費量と排出量の両方を大幅に削減します。Bremboのソリューションはまた、最大70%の永久的な熱変形の低減、性能の向上、残留トルクおよび振動の低減を伴います。