ブレーキ-キャリパー

最先端の生産技術

性能、デザイン、快適性

Bremboのアルミニウムキャリパーは、独自の生産技術の使用により、制動力制御性、および快適性の面で高レベルの性能を保証し、さらにバイク部門で比類のないデザインを実現しています。
最先端の設計と生産により、コンパクトでありながら高い剛性値を持つ軽量なキャリパーボディを実現しました。さらに油圧コンポーネントの入念な設計により、ブレンボ製キャリパーの特徴であるパワーと可動性の特性が強化 されています。
最高のものだけを
最高のアルミニウム合金と特殊な機械加工技術の使用、および設計における絶え間ない革新により、Brembo製キャリパーは、常に鋭い制動、非常に短いレスポンス時間、および一定のレバーのストロークを可能にする、優れた剛性特性を備えています。

固定式キャリパーはラジアルマウントとアキシャルマウントの2種類、フローティングキャリパーは1ピストンと2ピストンの2種類をご用意しています。一方、スポーティなモデルでは、独自のモノブロックテクノロジーにより、最大のパフォーマンスと超軽量化を実現しています。 
キャリパーは鋳造および酸化処理されたアルミニウム製で、さまざまなカラー(ブラック、ゴールド、アルミニウム、チタン)を取り揃え、搭載するバイクを極めて魅力的なルックに仕上げるよう、デザインも特に配慮されています。
性能、デザイン、快適性
モノブロックキャリパー M50
M50は、2011年にドゥカティ1199パニガーレに初めて搭載された新しいBremboモノブロックキャリパーで、「M」はモノブロックを表しています。この技術はBremboが1994年にMoto GPに導入して成功した技術で、これによりキャリパーボディを1枚のアルミ鋳造品から機械加工が可能なため、最高の剛性を保証することができます。「50」という数字は、同社の創業年数へのオマージュです。
モノブロックキャリパー M50